ストレスを寄せ付けない!

ストレスを寄せ付けない!

加齢が原因で白髪になるのは当然のことと思われがちです。でも実は、白髪になる原因はそれだけではありません。ストレスが白髪や薄毛に強く影響を与えることがあるのです。ストレス状態が続くと、毛細血管が収縮します、そうなると色素細胞が上手く働かなくなり、白髪や薄毛になってしまいます。

 

若くして白髪になってしまうのは、このストレス要因が大きいと言われます。また、最近は無理なダイエットなども栄養不良で髪が白髪になってしまう人、艶や髪のコシがなくなってしまう人もいます。

 

白髪が老化現象としてあらわれるのは、だいたい三十代後半くらいからで、髪を黒くするメラノサイトが減少して、白髪になりはじめます。個人差が大きいですが、女性の場合ですと、妊娠、出産で急に白髪が増えるのが普通です。

 

ホルモンバランスの急激な変化などで白髪が増えることもあります。白髪は単純な理由だけで起こるのではなく、ときにこうした複合的な原因が重なって起こることもあります。また、加齢しても比較的黒髪を保てている人もいることなので、これから加齢と白髪の関係性が明らかにされていくでしょう。

 

髪によいとされる食品を食べたり、また髪をこまめにマッサージ、その上髪に優しいバス、トイレタリー商品を利用したら、鬼に金棒かもしれませんね。